書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

悩み出したら始める

よく悩むのですよ。どうでもいいようなことでも。

そうしている間に時間がなくなっていく。

振り返ってみると、はじめに考えてた通りに進んでいるだけで悩んだことは無駄に思える。

実際のところ、気持ちの問題程度に役に立っていて無駄ってことはないのだろうけど(そう信じたいけど)

どうしようかと検討しているうちに、だんだん悩みへと突入していく。

検討して、答えがほぼ出ているクセにその方向へ進むことができない。

最後には検討した通りにするんだけどね。
エイヤっていうひと押しができない。

ここの時間を短縮したい。

こうしよう!と思ったときの清々しさのままで、やろうとしたことを進めたい。

悩んでいる感覚を感じたら、GOの合図だと思うことにしよう。

雰囲気を聞いたり読んだり

雰囲気ってのは、思ってる以上に良く伝わってるよ。

例えば、耳で聞くときも、目で読むときも。

私の場合、聞くときは雰囲気、読むときは内容で受け取ることが多かったかな。

最近、本を読んでるときに、ふと心地良さを感じたことがあって。
文章の内容を理解するというよりも、感じるっていうのかな。

どこかの本に「風のように読む」ってことばがあったんだけど、そんな感じ。
下手をすると、内容はよくわからなかったりすることもある。
でも、読んでると楽しくて親しみが湧いて、スゴくいい感じだったり。

耳でことばを聞くときに、雰囲気で聞くってのは親しみ深い。
歌なんかは、歌詞の内容でなく音として聴いてきた。
今では、逆に内容を聞こうとすることが多くなってきたように思う。

何かを聞いたり読んだりしてどう感じるかは、受け取る側のそのときの状況に寄るだろうし、認識している言葉の意味自体が言い手と聞き手で違うってこともありそうだから、その時々で合う合わないがあったりするのだろうけど、そうした様々な要素が複雑に絡み合ってピタッと来たときに良いとか面白いとか思うんだろうね。

そんなようなことを考えていると、お気に入りの本や著者、いいな〜と思える音楽や声に出会えたときには、そのタイミングを何かの縁だと思って、もっともっと大切にしていくべきだよなーと思うのだった。

やっぱヒマがいいよ

ずっとヒマでもいい。
まったく問題ない。

これしなさいとは言われたくないし、
言われたとしても聞きたくないし。

一生懸命言われちゃうとちょっと困るけど、
聞く気なんて無いのに…ってだけのことで。

ある意味、忙しくないとイヤ、落ち着かない
って人のことが羨ましく思える。
すごいよなあ。

年齢はただの年数

この間、初めてのことをしていた年配の方が言ってて、
ガッカリしたというか悲しくなった言葉。

「60過ぎたら、もうこんなんわからん」

ただの逃げの言葉ならいいけど、
「◯◯歳になったら、もう◯◯できない」
っていう言葉は使って欲しくない。

例えば、定年まで我慢して働いてきて解放されるってときに、
「もう新しいことは始められない」ってことでしょ?!

哀し過ぎる…。
歳と成長との関係は人それぞれ、自分で言うことではないでしょ。

言い訳として使ってるだけで、やりたいことを始めるときには
歳のせいにしていないと信じたいものです。

ことばへの興味

なんとなく見つけた「阿部公彦」さん。
「大野 晋」さんの本や、詩についてのネット記事を見ているときに発見。

英文学のかたっぽいけど、日本語についても著書多数。

ことばって面白いやね。

まあ、ことば自体っていうよりも、「ことばが伝える内容の不確実なとこ」とか、
「ことばがないと考えられない」とかの、ことばの周りにあるものに興味があるんだけど。

Sonyのデビット使ってみます

ただの日常メモ。

ネットで買い物できて、入出金手数料が無くて、硬貨も引き出せる。

このあたりで決定。
(ちなみにPS Storeがお得に使えるらしい)

クレジットでないから、あっという間に発行。
一週間も掛からなかったよ。

さて、便利に使えるかな。

辞書増殖中…

とうとう英和辞典まで…。

伊和、仏和、独和、西和と来ましたが、あまりいい思い出のなかった英和にまで手を伸ばしています。

アンカーコズミカ。
もう発行も古いし中古だけど、そんなに安くはない。

でも、書店で見て気になってたから。
なぜかアンカーには惹かれなかった。

読むのにいいんじゃないかな。これは。

空の軌跡3rdでした&零の軌跡(&VITA)です

辞書にハマってたりしてて、少々放置気味になってた3rdをクリアしました。
70時間くらい。これまでの思い入れもあって、今回が一番良かったかなー。

全体のシステムがサクサク遊べるように熟成されてるのかもしれません。
戦闘もスムーズだし。こちらの慣れもあるでしょうが。

FCを始めてから、ちょうど一年くらいが経っています。
久しぶりのRPGで、始めるまでは躊躇していましたが、ちょこちょこ遊んでればクリアできるもんですな。

タイミング良くVITAを手に入れたので、続けて零の軌跡へ行こうと思います。
PSPのDL版で。

秋にはPS4で閃の軌跡IIIが出るというこのタイミングで、もう終局と言われているVITAへ。
しかも遊ぶのはPSPのゲーム…さらにDL版は安くない!

遅れてる気もしないでもないですが、いいんです。
のんびり我が道を行くことにします。では。

ひさしぶり

うちに帰ると、アブラゼミの幼虫がいた。

壁に止まってる。

懐かしいな。子供のころは良く探しに行ったもんだ。

朝方に羽化するイメージがあったけど、夜のうちに大人になるのかな。

お風呂を浴びて、夕食の前には背中が割れて脱皮中に。

夕食の後に見て見ると、羽根を乾かしてるところ。まだ体は白い。

f:id:higeblo:20170806220201j:plain:w280

朝になって見ると、殻だけに。

無事に甘いチョコレート色になって、飛んでってればいいんだけど。

特別警報発令中

大雨の特別警報が発令されているらしい。

確かにゲリラ雷雨のようになったりはしてた。

かと言って、誰かが心配して連絡してくるわけでもなく、いつも通りの普通の日々。

たまにカーテン越しの稲光を感じるくらいで割合しっかり寝れたし。

寂しいようにも思えるが、しっかり自分の身を守りなさいってことなんだろう。

そう考えたら、なんか自由な気持ちになった。