ヒゲコトバ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

嗚咽の理由

本を読んでいたら涙が出てきて、嗚咽した。

具体的には書かないけど、別に感動させるタイプの本ではないと思う。

歳を取ると、涙腺がゆるむということか。


どうして涙が出てくるのか、自分でもよく分からない。

これを感極まるというのだろうか。

心が動かされたんだろうけど、頭ではよく理解できない。


いまの心境によく合っていて、感動したんだろうか。

心の状態に関係なく、いつでも同じ内容の本を読めば嗚咽できるんだろうか。


心境に合っていたとすれば、同じものが自分の中にもあるということ。

「自分の気持ちは考えてもわからないから、なにかを通して自分の気持ちを知りなさい」

ということなんだろう。


本に限らない。

映画はもちろん、ゲームをしているときに嗚咽して、涙が止まらなくなったこともある。

何かの病気だろうか。


悲しいもんだ、自分のことは結構わかっていないんだろうな。

何よりもまず、自分の気持ちに耳を澄ますようにしていきたい。

春眠

MacBookで「春眠暁を覚えず」と入力すると、

春の夜は短い上に寝心地よく、暁になってもなかなか目がさめない

という内容が表示される。

孟浩然の詩「春暁」によるそうだ。


夜よく眠れるということだろうが、私は昼間もまぶたが重くてとても眠たい。

なかなか目がさめないのも、スギ花粉の影響が目に表れているんじゃないか、とも思ったりする。

前にも書いたが、たまにくしゃみが出るくらいで鼻は元気だ。

目も痒くはない。ただ目から頭にかけてもーっとする。

上の歯が痛くなったりするのは、副鼻腔炎が原因で起こることらしい。


それはさておき、「春眠暁を覚えず」とは、上にもあったように、

夜明けになってもなかなか目がさめない

という意味なのだけど、春は眠くなる、というように使ってしまうことはないだろうか。

始めの「春眠」が特に印象に残っているのかもしれない。

話は最後まで聞きましょう。と教わるのだけど、つい最初の言葉に頭が反応しちゃうのよね。

「暁を覚えず春眠」みたいにひっくり返してもらうと意味は分かりやすいんだけど、もとは漢詩だし、なんせ語呂が悪くなるやね。

季節の変化に対応中

ここ何日か頭がもーっとしてて、数日前には上の歯が痛くなったりしていた。

どうやら季節の変わり目による体調不良だったようだ。
もう歯も痛くない。

鼻の通りは良いけれど、もしかしたら花粉症なのかもしれない。
けれど、別に病名は欲しくないから検査には行かないよ。

Nexus7(2012)でもApple Musicが聴ける!

ほぼ、留守のときの犬用ラジオと化してる、Nexus7(2012)

ずっと前にも調べたことあるんだけど、Android用のApple Musicアプリはタブレットで使えなかったのね。


今日、もしかしたら、と思ってGoogle Playストアをのぞいてみると、

Apple Musicアプリがダウンロードできるようになってた。

[この端末には最適化されていません]てなことが書かれていたけど動作に問題は無い。


これまで、犬用ラジオ②(古いiPhone4S)だと、[For You]タブの画面が違って使いずらかったのだけど、Nexus7ではiOS11版と同じ画面で使いやすい。

そろそろiPhone4Sは引退かな。まだ使えるんだけど。

疲れの取りかた?!

横になってたら疲れが取れるんだそう。

「立ってるより横になってるほうが楽でしょ?」


確かにそうだけど、

横になってたら楽だからって「横になってたら疲れが取れる」ってことにはならないでしょ?!


でも、「立ってるときと比べて疲れない」ってことにはなる。


いつも立ってるのが普通の人からすると、

「横になってたら疲れが取れる」ってことになるのかも?!


気の持ちような気もするけど、

そんなのもアリかもしれない。


ちなみに脳が処理する情報の80%は視覚情報なんだそう。

だから、目をつぶっていると処理する情報が減って、脳の負担を減らすことができるらしい。

いい想像をしよう


いまわからないことなら、いい想像をしよう

落ち込むような想像をしなくていい


想像通りにならなくたっていいじゃない


それでも落ち込んでしまうなら、もう眠ってしまおう


f:id:higeblo:20180228234638j:plain:w280

動物らしくしていたい

少し離れたところに、うちの飼い犬が丸くなって寝息を立ててる。

たまに深いため息を吐いたり、姿勢を変えて横向きになったり、いびきを立てたり。


人間は他の動物とは違って、

頭を使って文明を作り、常に進歩をしてきたのかもしれないけど、

そんなに理性ってのは素晴らしいものなのかね?とも思う。


だいたい、

頭を使って余計なことを考えたりするから、今ある幸せに気づけないんじゃないのかね?


嬉しそうにごはんを食べて、いつもの場所を飽きずに散歩して、眠くなったら寝る。

パッと見は、いつもとおんなじ生活の繰り返し。


そんな生活に満足できないのは、頭を使うからじゃないのかなあ、と思ったりする。

1日が早く過ぎる気がする

近頃は一日が終わるのを早く感じるんですが、一体どうしてなんでしょうか。

ジャネーの法則ってのがあるみたいだけど、つまりは歳のせいなのかな。


毎日充実しているっていう意識もないし、

かと言って、毎日寝て過ごしてるわけでもないのに。

ちょっと頭の中でグルグルしてみる。


原因と思われるもの

  1. 刺激が少なくて脳が退屈してる

  2. 楽しいことに集中してる

  3. 余計な考えが頭の中を占領してる

  4. のんびりを心がけることで、心身の働きをゆっくりにしてる

  5. 脳内のクロック周波数が低速になってる


1. 刺激が少なくて脳が退屈してる

刺激が少なくて脳が退屈なら、確かに退屈するでしょう。

でも、脳が退屈を感じるくらいに鋭く活動しているんなら、

何かの病気でもない限り逆に時間を長く感じるんじゃないかな。


刺激が少なくて脳が退屈
     ↓
脳の考える部分がのんびりする
(簡単にいうとボーっとする)
     ↓
時間が過ぎるのを早く感じる


こういうことならあるかもしれない。


2. 楽しいことに集中してる

いわゆる良い状態。でも、今回は当てはまらないように感じる。


3. 余計な考えが頭の中を占領してる

これはありがちな状態。

でも、何を余計な考えというかは場合によるかも。

それに、気が済むまで考えるってことは自分なりに答えを持つってことだろうから、

悪いことではないんじゃないかな。


すでに誰かの答えが用意されてたり、

極端な話、一生ひとつのことについて考えてたとしても、

本人が気になるんならいいんじゃない?

何でも早く、数をこなせばいいってもんじゃないと思う。


4. のんびりを心がけることで、心身の働きをゆっくりにしてる

まるで樹木になったみたいに。

せかせかしないでまったりと生きていく。

こんな時期があったっていいんじゃない?


5. 脳内のクロック周波数が低速になってる

これは上の 4. と似たような状態。

狙ってないなら心身が不調なのかも。


逆にとっても忙しくして脳内クロックが高速になってるんなら、

やっぱり一日が早く終わる気がするだろう。

でも、このときは目が回るくらいに充実した毎日なはず。


ここまで書いてきて思うこと

結局のところ「1日が早く過ぎる」っていうのは、

時の流れを意識しないうちに1日が終わっていくというだけのこと。

その状態を、脳が働いていない、何もしていない、と言えるんだろか。


こんなような、目に見えて何かしてないとダメっていう感覚が、

頭の中に偏りを生み出してるのかもね。

プーさんも確か言っていた「『何もしないをしている』んだよ」って。


ボーっとしてるときにデフォルトモードネットワークが活性化してるって話もあるし、

実はその間に体もメンテナンスしてるかもしれない。


でもたぶん、そのことをわかってないのは周りではなくて自分自身。

自分で「何かしないと」と勝手に思っている。

そう教育されてきたからなのか、普遍的な感覚なのか。

他の国ではどうなのか、国なんて関係ないのか。

経験不足でわからない。


今んとこのまとめ

別に1日が早く過ぎたっていいんじゃない?

頭には自分でエサをあげる

頭の中が考えごとでモヤモヤしてたり、グルグルしているのも悪くはない。

そのとき頭にあげるエサについては、誰かに貰ったりどっかから投げ込まれたりしたものではなく、

自分で選んだものをあげるようにしたほうがいい。


わからないことや悩みごとがあると、ついつい全自動でその出来事に没頭というか集中してしまう。

他のことをしていても、なかなかその気になる事柄が頭の中から離れない。

コイツが困ったもんで、結構どんな内容でも頭を占領してしまう。

こういうところが頭の困ったところだ、と思っていた。


でも、こういう頭の特長は使いかたによってはとても役に立つところになるはず。


問題はどうしたら望まないことに集中するのをやめさせられるのか、

そして頭の使いかたをコントロールできるのか。


何かについてグルグルと思考を巡らせ、自分なりに解決するのは達成感を満たすことなんだと思う。

その証拠に思考がひと段落して何らかの答えを見つけたときは確かに頭がスッキリする。


ただ、スッキリするためだけにたいして興味のない面倒なことにわざわざ焦点を合わせてグルグルする必要はないだろう。

もしかしたら、本心ではもっとちゃんと考えたいことがあるのにあえてそこから目をそらしているのかもしれないが。


そうだとしたら、ちゃんと考えたいことについてグルグルして、そいつを引っ張り出してくるのもいいんだろうけど、ここはまあ、穏便に出てくるのを待つことにする。

ちゃんと考えたいことなんてやっぱりないのかもしれないし。


いずれにしても、口に入れる食べ物と同じように頭に入れるものについても自分で意識して吟味することが大切だなあ、

ボーッとテレビを見るように何でも素直に頭の中に入れたりしちゃいけないよな。

今さらながらに気がついた。


大切なのは自分で選ぶということ。

もちろん、結果的に周りと違う結論にたどり着いてもまったく問題ない。

みんなが選んでるからとか頭が良くなるなんていう理由だけで選ぶのではなく、

自分好みのエサを選ぶようにしたいものだ。