書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

わからないけど面白い

数学って、結構面白いものなのですな。

 
2年程前、xcodeをやってるときになぜか気になり、ちょこちょこ数学書やらをあさって眺め始めたのが初め。
 
まぁ、高校のときの理系数学までしか習ってないですし、当時も理解できてないことばかりでしたので、ほぼチンプンカンプンですが、なんとなくで楽しませていただいてます。
 
図書館へ行くと、こんな本を好んで読む方がいるのかってくらいシリーズが揃っていたり、高価なものも並んでいたりするので、ニヤリとしてしまうこともあります。
が、しかし、パラパラめくってみて、借りなくていっか、という本も多々あります。
要は借りてみても読むことができないだろう(意味がわからないだろう)って本です。
似た様な分野でも、意外と筆者との相性によって解ったり解らなかったり、
また、手に取る順序によっても理解に違いが出そうな気がします。
 
でも、解らなくても、眺めたりしてるだけでも、いいなぁと思っている自分がいるのです。
変なの〜。
どうしてなんでしょね?