書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

MacBookはiPhone、iPad寄り?

だとしたら、個人的にはやめて欲しい。

同じような販売スタイルなら、ってことだけど。

 

近年のMacBookだったら、為替レートの影響はあるにしても世代が進んでいくに従いコストパフォーマンスが上がって、相対的に価格が下がってきてる。これがiPhoneiPadの様なスタイルになってくると、そうならなくなってしまうんじゃない? 実際iPhoneiPadも1、2年で形状が変わって、それほど安くなってない。新製品が発表されると旧製品が値下げされるって感じ。

 

これはもちろん製品の販売台数に依るけど、MacBookMacとしてではなく、iPhone&iPadのような製品として育てていくつもりなら、2年に1度くらいで製品を一新して価格は下げないでおく、ということもあり得るかも。

そのためには、新製品開発に必要なコストを最小限にすることが必須だろうけど、Appleがそういった開発・加工技術を駆使して魅力的な製品を投入してくれば、もしかしたらその方が利益も大きいかもしれないし、ユーザーの買い渋り、待ちを防ぐことができるかもしれない。

なによりも、その方が「速くなりました。」というベンチマーク的なスペックの話だけでなくて、視覚にも訴えてくるものがあるだろうし、変化が欲しいユーザーへの刺激になるんじゃないかな。

自動車など他の商品についても、性能アップだけで買い替えする人は少なくなってるように思うし。

いくらデザインが素晴らしくても、人は飽きやすいもの。デザイン、使い勝手を含め、魅力的な提案が効果的だと思います。

 

Macみたいなパソコンについてもそのような手法が通じるのか、はたまた従来通りのスペックUP&値下げとなるのか。今後の動向に注目していきたいです。