書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

エネルギーを大切に

判断、選択にはエネルギーが必要らしい。

考えてるよりたくさんのエネルギーを消耗するのだろう。
どうしたらいいか、頭の中でグルグルしているとき、自覚しているよりもたくさんのエネルギーが消費されている。レインボーカーソルのように。

そのときの脳内状況は、脳自体が混乱しているからわからない。冷静に状況を判断するような余裕はない。

項目を抜き出して一つ一つ検討し決定していれば良いのかもしれないけど、どうしたらいいんだろう、とグルグル思考に陥ってるときには混乱が増していくだけで何も決定できず、エネルギーの無駄遣いを繰り返し、最終的にはどうでもいい決断を下してしまう。一番安易でその後なにも考えなくていいような決断を。

そうならないためには、今は決断しない、そのことは一切考えないという選択も必要なのだろう。

良く啓発書などでは決断せずそのままにしておくという決断は最悪だと書かれているが、今はそのことについて一気に決断せずに小さなところから段階的にチェックしていくという意味での今は決断しない、そのことは一切考えないということならいいのではないか。

ただし、そのまま放置して何日も決断せずにズルズルいくというのはナシである。

今の脳内エネルギーの状態で判断できる部分から少しずつ決めて行って最終的な状態へ持っていくというのもアリだと思う。ここで大事なことは、考えないときには全く考えないこと。頭に浮かんできても無視すること。

決断疲れというものもあるらしい。良くある決断をパターン化して決断に掛かる時間を短縮することも有効なようだ。

 

良く頭の中でグルグル思考に陥りがちなので書き出してみました。

そういえば、決められないことならどっちに決めても大丈夫って話もありましたね。