書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

しおりは使わない

近頃は読書するときに栞を使わない。特に専門書を読むときには栞を使わない方だ。
と言っても栞自体が嫌いなわけではない。

栞があると何も考えずにそこから続けて読み始めるが、栞を使わないと頭の中に残ってるところからとか、パラパラとめくって興味のあるところから読み続けることができるからだ。意外とこの感じが楽しくて気に入っている。
同じ本を何度もこんな感じで読んでいると、と言うより眺めていると本の全体的なイメージができてくる。この辺は読んだことがある、こんなイメージだとか。この辺はまだ読んでないからイメージがないとか。

学生のときはそんなに読書する習慣がなかったので、こういう読み方も教えて欲しかったなぁ。と思ったりもする。ま、自分で見つけるものなんだろうけど。それに、読みたい本全てを熟読するほど時間の取れない今だからこんな読み方ができる(するしかない?)ということもある。

あんまり近くばかり見るのは良くないけど、こんな感じで面白そうな本と付き合っていきたいと思う。