書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

手加減それぞれ

あみものなんですが。

針の号数もそうだし、編むときの引きの強さも。

これが「その人の手加減によるので、自分にあった、しっくりするものを使ってください」とのこと。それによってできる作品のサイズも変わる。ゲージってヤツですか? まあ、言われてみればあたりまえのことですが。

でも、この自分に合うものを使って作りなさいって感じが自由で好みかもしれません。なにかを作り上げたわけでもなく、長編みの往復編みして人間用のマフラーは要らないし100段も編むのはメンドくさいので何段か編んで犬用とか言ってる状態なので大したことはわかりませんが。

それに編み目がなかなか揃わない。これもずっとやってると慣れてきて揃ってきます。みたいに書かれてる。実際そうなんでしょうが、このいい意味でいい加減な感じがたまりません。好みです。

編み図とかもそう。全てが参考。自分の手加減や作りたいものに合わせて自分で調整する。あくまで参考。いい感じ。意外に男性向けのところもあるかも。

ただのおっさんだし、何かの作品や役に立つものを作ろうとかいう気はサラサラありませんが、ちょっとずつ続けていこうかと思います。