ヒゲコトバ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

頭には自分でエサをあげる

頭の中が考えごとでモヤモヤしてたり、グルグルしているのも悪くはない。

そのとき頭にあげるエサについては、誰かに貰ったりどっかから投げ込まれたりしたものではなく、

自分で選んだものをあげるようにしたほうがいい。


わからないことや悩みごとがあると、ついつい全自動でその出来事に没頭というか集中してしまう。

他のことをしていても、なかなかその気になる事柄が頭の中から離れない。

コイツが困ったもんで、結構どんな内容でも頭を占領してしまう。

こういうところが頭の困ったところだ、と思っていた。


でも、こういう頭の特長は使いかたによってはとても役に立つところになるはず。


問題はどうしたら望まないことに集中するのをやめさせられるのか、

そして頭の使いかたをコントロールできるのか。


何かについてグルグルと思考を巡らせ、自分なりに解決するのは達成感を満たすことなんだと思う。

その証拠に思考がひと段落して何らかの答えを見つけたときは確かに頭がスッキリする。


ただ、スッキリするためだけにたいして興味のない面倒なことにわざわざ焦点を合わせてグルグルする必要はないだろう。

もしかしたら、本心ではもっとちゃんと考えたいことがあるのにあえてそこから目をそらしているのかもしれないが。


そうだとしたら、ちゃんと考えたいことについてグルグルして、そいつを引っ張り出してくるのもいいんだろうけど、ここはまあ、穏便に出てくるのを待つことにする。

ちゃんと考えたいことなんてやっぱりないのかもしれないし。


いずれにしても、口に入れる食べ物と同じように頭に入れるものについても自分で意識して吟味することが大切だなあ、

ボーッとテレビを見るように何でも素直に頭の中に入れたりしちゃいけないよな。

今さらながらに気がついた。


大切なのは自分で選ぶということ。

もちろん、結果的に周りと違う結論にたどり着いてもまったく問題ない。

みんなが選んでるからとか頭が良くなるなんていう理由だけで選ぶのではなく、

自分好みのエサを選ぶようにしたいものだ。