ヒゲコトバ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

春眠

MacBookで「春眠暁を覚えず」と入力すると、

春の夜は短い上に寝心地よく、暁になってもなかなか目がさめない

という内容が表示される。

孟浩然の詩「春暁」によるそうだ。


夜よく眠れるということだろうが、私は昼間もまぶたが重くてとても眠たい。

なかなか目がさめないのも、スギ花粉の影響が目に表れているんじゃないか、とも思ったりする。

前にも書いたが、たまにくしゃみが出るくらいで鼻は元気だ。

目も痒くはない。ただ目から頭にかけてもーっとする。

上の歯が痛くなったりするのは、副鼻腔炎が原因で起こることらしい。


それはさておき、「春眠暁を覚えず」とは、上にもあったように、

夜明けになってもなかなか目がさめない

という意味なのだけど、春は眠くなる、というように使ってしまうことはないだろうか。

始めの「春眠」が特に印象に残っているのかもしれない。

話は最後まで聞きましょう。と教わるのだけど、つい最初の言葉に頭が反応しちゃうのよね。

「暁を覚えず春眠」みたいにひっくり返してもらうと意味は分かりやすいんだけど、もとは漢詩だし、なんせ語呂が悪くなるやね。