ヒゲコトバ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

嗚咽の理由

本を読んでいたら涙が出てきて、嗚咽した。

具体的には書かないけど、別に感動させるタイプの本ではないと思う。

歳を取ると、涙腺がゆるむということか。


どうして涙が出てくるのか、自分でもよく分からない。

これを感極まるというのだろうか。

心が動かされたんだろうけど、頭ではよく理解できない。


いまの心境によく合っていて、感動したんだろうか。

心の状態に関係なく、いつでも同じ内容の本を読めば嗚咽できるんだろうか。


心境に合っていたとすれば、同じものが自分の中にもあるということ。

「自分の気持ちは考えてもわからないから、なにかを通して自分の気持ちを知りなさい」

ということなんだろう。


本に限らない。

映画はもちろん、ゲームをしているときに嗚咽して、涙が止まらなくなったこともある。

何かの病気だろうか。


悲しいもんだ、自分のことは結構わかっていないんだろうな。

何よりもまず、自分の気持ちに耳を澄ますようにしていきたい。