書いて浮かべるブログ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

新しいiPad Proに惹かれるところを書き出してみる

新しく発表されたiPad Pro 11インチと12.9インチ。

ベゼルが薄くなったり、エッジのラインが変わったりしたので、手に持ったときの感触はこれまでとは違ったものになるんだろう。

だからといって旧モデルとまったく違った体験をさせてくれるのかというと、そんなことはないと思う。

より薄くなったとかUSB-Cとか、Face ID搭載とかはどうでもよくて(←たぶん実際使ったら惚れる)、私としては、A12X Bionicを体感するために使ってみたいというのが本当のところ。

だって、iPhone XS MaxにXS、XRより速いプロセッサなのに割安なんだもん。

それにストレージが1TBまで用意されてるのって、いくらクリエイター向きだからっていっても、もうこれはノートPCと同等の扱いでしょ。

これはもう、以前みたいにMacBookiPadも両方持ってるなんてのは必要なくなって、MacBookiPadのどっちかがあればOKな時代になってるんじゃない?

私がMacBookよりiPadが好みなのは、まずバッテリーの持ちが違うから。iOSMacOSと比べてバッテリーの持ちがいい。Intelさんの搭載をやめれたらバッテリーは持つのかもしれないけどね。あと、ノートPCはキーに隙間があって塵が入りそうなのがイヤ。

将来的には、現状iPadのタッチ操作ではまともに動かないブラウザ上のUI問題が解消されることと、何らかの形でBlu-rayやDVDの読み書きができたらiPad Proだけの生活になりたいと思ってる。そういう意味でもUSB-Cは良い方向。でも外部ディスクは使わないようにするのが正解だろうな。

いま思い付くのはこんなところかな。
何にせよ、触ってみるのが楽しみではある。