書いて浮かべるブログ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

RetinaのMacBook Airについて思い直したこと

改めて考えてみると、と言うか思い直してみると、新型のMacBook AirでもProでもどっちでもいいような気がしてきた。

どうでもいいと言う意味じゃなくて、Appleの製品ってのは変わりないわけだから、実際に見て触ってどれがいいか決めればいいだけのことだと思う。
それに、遅いと言われるモデルであっても、ただ遅いというだけでしたいことができないようなモデルは売られていないから心配はいらない。

思えばMacBook ProRetina化されたときに13インチモデルを買おうと思ったのだけど、この目で見て買うのをやめた。

そのときはMacBook Airの13インチを使っていて、Proを触ってみたり持ったりした感じが私にはなんか違うと思ったからだ。

そのAirは、MacBook 12インチに惹かれて買った後には使わなくなったので、まったく不具合もなくバッテリーの使用回数も少なかったがApple Renewプログラムに出してギフト券と交換してもらった(家族にも使わないか話したが、13インチは小さいとかで要らないと言われた)。
Airの方がバッテリーの持ちも速度も勝っていたが、圧倒的に12インチを使うようになった。Retinaという点が有利に働いたのだろうが、ファンが回るのが嫌いというのもあるかもしれない。

前回は価格とか性能とか批評家の目で見てしまったが、結局のところ触っていたくなるモデルであるならそれを使うのがいい。

そのときは、たとえ予算オーバーだったとしてもApple Storeの12回払い分割金利0%ショッピングリーンを利用したりしてしっくりくるモデルを手に入れるべきだと思う。

もしMacの選択で悩んだときには実際に触ってみることをお勧めしたい。そのときの感覚でピンと来たものがあなたにとっての正解だ。いくら周りの人が他のお得なモデルを勧めてきたとしてもその言葉には耳を貸さないこと。それが後悔なく買い物をするための秘訣であり練習にもなる。

そして個人的には、画像を見た限りAirもProも含むMacBookよりもiPad Proが気になるというだけのことで、発売されてから触ってみれば一瞬でわかることだと思う。