書いて浮かべるブログ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

RetinaのMacBook Airが来ましたよ。

新しいMacBook Airが発表されたので、個人的に気になるラインナップを比較してみる(ストレージは256GB)。

MacBook (New)13インチMacBook Air 13インチMacBook Pro(Touch BarとTouch ID無し)
薄さ0.35〜1.31 cm 薄さ0.41〜1.56 cm 薄さ1.49 cm
0.92 kg 1.25 kg 1.37 kg
142,800円 (税別) 156,800円 (税別) 164,800 (税別)
-14,000円 +8,000円

AirとProの幅と奥行きは同じ

あれ? 割高に思えたMacBookだけど、やっぱりベースグレードだったのね、って感じになった。

気になるのはAirとProとの価格差。
世代が違うとはいえ、この価格差ならProを選ぶのでは?
ただし、Touch IDが欲しければAirが最も安価。

で、もしそのうち、将来買い換えるとしたら、最新のMacBookかなあ。
Airファンレスなら考えるけど、そうでなければProを選ぶ。
なんといってもAirは名前の割に一番分厚いのです。
(もちろん、旧Airよりは薄い)

そのときには無印のMacBookがラインナップから外れてたりして。

一緒に発表された11インチのiPad Proと新しいApple Pencilもいいなあと思うけど、去年買ったばかりだから買い替えは無しの予定。
エッジの形が変わってるから、発売されたら触ってみたいもんだ。

買い替えを検討している人はどれを選ぶかで頭を悩ませそう。
それでも、RetinaAirを心待ちにしていた方は、迷うことなく新型Airで決まりでしょうね。