書いて浮かべるブログ

書いて浮かべるブログ

のんびり好きなおいさんのアタマノナカ

ipadとMacBookの使い分け?どっちがいい?なんて比較にはそもそも意味がない

iPadとMacBook

簡単にいうと、MacBookを修理に出したら、iPadが好きになったって話。

MacBookがない間、iPadを使ってみた

MacBookをバッテリー交換のため配送修理に出してる間、iPadで文字入力をしてみた。

最初はWindowsマシンでフルサイズのキーボードを使っていたんだけど、ふかふかしたキーが使いづらく、設置場所的にもやりにくかったのでiPadを使うことに。

具体的には5万文字くらいの文字起こしをしてみたのだけど、案外作業しやすかった。 Split Viewを使えば左にテキストエディタ、右にオーディオプレーヤーを並べて作業できるし、フローティングキーボードを使うと画面が広く使えるだけでなく、iPhoneみたいにフリック入力もできる。

iPadならではのいいところ

MacBookと違うのは、左右のアプリが両方ともアクティブだから両手で作業できること。MacBookの場合はエディタとプレイヤーをタップで切り替える必要があるから、iPadのほうが都合がいい。 加えて、予測候補が選びやすいので、文章をすべて入力しなくていい。

さらに、携帯ゲーム機で遊ぶように自由な体勢で作業ができる。例えば布団の中でも。両手でiPadを持って作業してるから、はたから見るとゲームしてるようにも見えるのがイマイチ?

今後のMacBookに望むこと

結局MacBookのバッテリーは交換しないことになったんだけど、もともと故障ではなくバッテリー交換したら延命できるかな? と考えて修理に出してたので、余計なお金をかけなくてよかったな、と思ったくらい。

ずっとiPadで文字入力をしてたので、返ってきたMacBookを使ったときにはキーストロークに違和感を感じた。もともと浅いキーストロークのはずなのに。

今後のMacBookはバタフライ式からシザー式に戻るようだけど、そんなことよりタッチパネルがキーボードの代わりにもなるようなパソコンを作ってほしい。そうしたらキーボードにホコリが入って誤作動というようなトラブルはなくなるので。

iPadMacBookの代わりではない

もしかすると、故障しやすかったり余分なスペースを必要とするキーボードをAppleはやめたいのでは? 実は、iPadで十分なことをMacBookでやろうとしたがる人たちは老害のようなものなのかも。だから、特殊用途向けにわざとMacBookには高めの値段が設定されているのかもしれないね。

ただし、iPadで文字入力するときは全角スペースやタブなどをユーザ辞書に登録しておかないと不便なので注意。 あと、最強の文字入力方法は音声入力だということもお忘れなく。

今回iPadを使いながら感じたのは、これまでパソコンでやってきたファイル主体の使い方のままではiPadは使いづらいということ。iPadではデータを変更したときにアプリ単位でファイルが保存されるので、考え方をアプリ主体にしたほうが都合がいい。

iPadMacに近づけるなんて話よりも、使う側の考え方を新しくする必要があるんだと思った。

年齢と集中力

晦日から久々の体調不良で、ゴロゴロしてます(笑)。 熱もないし、ウイルスとかではない、ことを願う。

そんな寝正月の中、”年をとると好きなことにも集中できなくなるという話を聞くけど、それは違うのでは?”と思った。

好きなことに長く集中できないというよりも、それはもうとっくに飽きてることだからだろう。 同じような感じで、自分を律して好きでもないことを続けるのは難しくなってくる。

しなきゃいけないことだから、どうにかして終わらせるようなこと。

することはできるけど、終わった後の疲れがなかなかとれないような…。 良く言えば、無理ができなくて素直になった、ってことか。

体調を崩さないよう、自分と相談しながらやってかないとね。

より良い方法を考えているか

手順の決まってることでも初めてするときにはめんどくさい。

そんなことでもずっとやっていればだんだんなんにも思わなくなる。

それなりの時間は経っているんだけど、気持ち的な抵抗は最初の頃に比べるとかなり少ない。

面倒だと思っているのは脳だという話を昔聞いた。

やり始めるまでが勝負だということも。

辛い繰り返し作業でも、続けていれば負担は少なくなる。

そうなったら自動化されたということらしい。

反復するとできるようになるし、楽になる。

このことを人は昔からよく知っていた。

大抵のことはやっていればそれなりにできるようになっていく。

脳からすれば、体を使うことも頭を使うこともおんなじだ。

だから、「向いてないことはしない」というのは話がおかしい。

向いてなさそうだから、やってみる価値がある。といってもいい。


「やってればできるようになるから、何も考えずにやれ」

「やりたいことなら、努力を苦労とは感じないはずだ」

「向いてるかどうかはやってみないとわからないだろ」


こんな言い方では入ってこない。伝えようとしてるのではないのかもしれないけど。

ちゃんと相手の特性に合わせて、伝わりそうな言葉を選ぶ必要がある。


できるようになるというのは脳の好物のようで、周りから見たらくだらないと思われることでもスムーズにできるようになると快感を覚えるようになる。

そういう意味ではどんなことでも、何かきっかけさえあればはまり込む可能性があるということ。きっかけというのは結構すごいものだと思う。


例えば、パソコンを長く使っているとゴミが溜まってくるといわれる。たまにはクリーンインストールをする方がいいという話もある。

人も同じようなものなのかもしれない。

成長する能力は持っているのに常に過去の記憶を引きずっているから、生まれ変わることが難しい。

おそらく、前へ進むためにはすべてを記憶しておく必要がないのだと思う。

頭を空っぽにしてくれるものに熱中しようとしたり、過去をいつまでも覚えていて、少しでもいい思い出に変えようとしたりするのも、本当は前に進んでいきたいからなのかもしれない。


持っているものの良し悪しよりも、持っているものの使い方が大事だということを知っておこう。

そうしたことをきちんと伝えられているだろうか。

そのまま

流れに乗って行きたい方向へいく

流れをつかんで行きたいとこに近づく

流れをつくって行きたい場所にいく

どれも似てるけど少し違う

結局は流れに逆らったり


必要とされたことをする

必要とされるようになる

必要とされることを考える

必要とされてるかなんて わかりもしないのに


意外とできないのは 感じたままのこと

それじゃいけないって思ってる

向上心なのか 自信がないのか

頭の中がひねくれてるのか

そのままでいたほうが たぶん後悔しないのにね

長いつきあいなら もちろん

おつきあいをはじめたばかりでも

そのうち 傷はついてしまうもの


傷なんてないほうがいい

どうにかして 消そうとする

でも もとには戻らない


模様だと考えてみたら

デザインだと思ってみるのも

ありかもしれない


そんな目で見られたら

みんなと同じだったものが

私だけのオーダーメイドになる

価値

ほしい人が多いと 高くなって

ほしい人が少ないと 安くなる

需要と供給の関係ってやつ


みんなほしがるものは いいもので

ほしがらないものは わるいもの?

そういうわけではありません


それならみんなと違ったほうが

そんなのが好みのほうが

いいんでない?

競争

住む世界の違う人は意識することもないのかもしれないが、この世は競争で成り立っている。いつも全員が勝ち組にいられるわけではないから、勝てなかったときにどうしたらいいのかは知っておいた方がいいのだろう。

全員合格とか順位はつけないなんてやり方は、少なくてもここでは普通ではない。もし誰にでも勝つ可能性があったとしても、同時に負ける可能性がある。勝てなくても成り立つようなやり方をするならまだしも、勝たないと成り立たないやり方をするのなら、”まずは競争が大事だ”とはっきり伝えるべきだと思う。

表向きはみんな同じ。でも本当は違う。それを指摘されると、”世の中は矛盾だらけだから仕方ない”というような話になる。

別に、言ってることと実態が違っても構わない。ただ本当のところがわかってるなら、それを伝えていってほしい。勝ち負けに左右されず矛盾があっても問題ないと感じられる、いい意味でのいいかげんを作るのもいいし、困難だがなんとかして矛盾のない状態を作るのもいい。

競争に勝った側と負けた側の差が大きいから、競争をなくしたいと考えるのかな。すべてを良くするのは難しいから、競争をさせて数を減らすしかないのかな。

勝ったものを優遇しすぎるのがよくないのかもしれない。前に勝ったとしても昔の話、今回はまた最初からっていうのも案外面白いのかも。

ずっと勝ってきていると、おそらく負けるのに弱くなる。勝つのが当然になってしまって、負けるのが怖くなる。他のことに挑戦したくなくなって、勝ってるうちにこれからも負けないような仕組みを作り上げていく。

うむ。かわいそうな気もするな。一度勝ったところから抜けることができなくなりそうだから。勝ってしまったことで、好きでもない、たいして魅力を感じないことにこだわり続けることもありそうだ。

勝ち負けを決める、それだけでいいじゃないか。例えば、どちらにしても賞品は同じで待遇も変わらないとか。

そうならないのは、競争するのが好きだからなのだろう。”勝ち負けなんていらない”とか言いながら、ずっと勝っていられるならこのままがいい、所詮はそんなもの。近くの環境を良くするためなら、ずっと遠くが悪くなっても気にならない。

それはそうでしょう。経済だってなんだって、こっちが勝つためにはどこかが負けないといけないんだろうし、逆もまた然り。やっぱり、勝ちたいなら競争を認めるしかないんでしょ。

買ってないけど、いまさらiPhone11の感想

iPhone11シリーズが発売されて、ひと月ほど経った。今回も購入する予定はないけど、ここらでひとまず頭の中にまとまってきた感想を書いておく。

まず、今回の魅力はカメラ。私の場合、0.5倍ズームに加えてポートレートモードで2倍ズームが使いたいから、Proを選ぶしかない。

サイズも縁の大きさもそれほど気にならないけど、背面ガラスがサラサラよりも手に吸い付く方が好み。これは、実機を触ったときに、背面ガラスがサラサラだと手を滑らして落としてしまいそうだったから。おじさんだけど、乾燥肌なので。同じく、フレームもアルミよりもステンレスの方が滑りにくそうでいい感じ。

厚くするのは嫌だから複数のレンズを採用。2眼も3眼も気にならない。おかげで少しだけ厚くなり、バッテリー容量が増えた。

3D Touchがなくなったのは残念だけど、代わりになるものがあるなら問題ないと思う。厚さの低減にもつながりそうだし。

高いほうのProを選んだら売るときにも高く売れるし、バッテリー持続時間が長いから製品としての寿命も長い。つまり、どのモデルを買っても変わらない。

iPhone11はProより大きいけど、大きさには慣れるもの。両手で扱えばいい。

プロセッサの違いがあるので、新モデルは一年長く使える。だから、多少安かったとしても旧モデルを買う気はまったく起きない。よほどのセールでもない限りは最新モデルを買うと思う。

予想

自分で勝手に予想しない。

どうしてかというと、頭で考えてわかることは自分の想像を超えないから。

いつも通りの解決法をとることになるだけだ。

考えてみてほしい。これまでに、自分が予想した通りになったことがあっただろうか?

案外無いのに気付くだろう。

つまり、予想をしたところでその通りになるとは限らない。

おそらくどちらにせよ、未来は変わらない。

それなら、先のことを気にするのは無駄ではないか。

頭で考えても、出てくるものは過去に経験したことくらい。

だからときには、思い付いたことにゆだねてみるといい。

とはいえ、最初から考えることを放棄してはダメだ。

一度は考えておかないと、いろんな罠にかかる可能性がある。

考えた後で、最後は思い付きにまかせる。

そうしておけば、後悔はない…ハズだ。

あるといいもの

久しぶりに棚から紙の国語辞典を取り出して思ったこと。

「ん? 最近使ってないし、手放していい頃かも」

普段は同じ国語辞典のアプリ版を使ってるので、内容としては役に立ってもらっている。でも、紙の辞書自体を使っているわけではないのでキレイだし、売ってしまえばちょっとしたお小遣いになるような気もする。

こういうときに思わずページをめくってしまうとアウトだ。躊躇せずに素早く手放してしまう方がスッキリするだろう。


いつもの悪い癖だが、ここで中身を見始めるとしばらく手放すことはできなくなる。

「一覧性がよい」というらしいが、紙の辞書は他の項目まで目に入ってくる。だから、調べたかった言葉の他にも一つか二つ余計に調べてしまう。これはさすがにアプリでは得られない体験だ。

逆にいうと、余計な時間がかかるから疑問に思った言葉があるときに開くものではないということか。意味のわからない言葉だけを調べたいときには、アプリ版を使うべし。

こうして物は減らずにどんどん増えていくわけだ。別に嫌なわけではないが。


所詮はあったらいいものなので、処分はどうしてもしないといけないときでよい。

実際、本も音楽もない状態で暮らしていても、それらに飢えるほどではなかった。私にとってはそういうものだったのか、とそのとき初めて知った。

しかし、あるとないとでは大違い。私を豊かにしてくれるものには違いない。

「あるといいもの」というものは「なくてもいいもの」かもしれない。だからといって、「なくていいもの」ではないのである。

数日前、夜の寝苦しさが急におさまったかと思ったら、秋の虫が鳴きはじめた。

この辺りでよく聞くのはコオロギの音色。

彼らには暑さが和らいだことがわかるらしい。

日陰にいる虫たちは、朝日が昇って明るくなっても鳴き続けている。


9月に入って気になったこと、それはツクツクボウシの声をほとんど聞いていないことだ。

まだ夏の終わりに気がついていないのかもしれない。

完全に秋らしくなってくるにはもう少し時間がかかる。例年通りであれば、これからやってくる台風シーズンを乗り切るまでは過ごしやすい気候にはならないだろう。


ところで、この季節になると秋生まれの私の頭の中に変化が訪れるのか、何かを変えたくなってくるようだ。

クルマを買い換えてみたり、新しい趣味をはじめたり。転職や引越しの計画もこの時期に動きはじめている。

できれば何も変えずにのんびりしていたいのだけれど…。木から葉が落ちていくように、余計なものを手放す頃合いなのかもしれないな。

私も虫たちと同じように、無意識にタイミングを察知しているのだろうか。

退屈

月末の仕事を済ませた次の日、ものすごく退屈を感じた。

退屈を感じるのは何も珍しいことではないが、やりたいことを始めてもあまり面白いとは感じない。


『精選版 日本国語大辞典』で「退屈」を調べてみる。

たい‐くつ【退屈】
〘名〙 (形動)
①くたびれて気力がおとろえること。いやになること。また、そのさま。

②何もする事がなくて、暇をもてあますこと。無聊(ぶりょう)で困ること。また、そのさま。つれづれ。

③なすべき事をしないこと。年貢納入、契約履行などの義務を怠ること。緩怠。

④畏縮すること。おそれしりぞくこと。不安になること。

⑤困りはてること。閉口すること。また、そのさま。

⑥仏語。修行の苦しさ、むずかしさに、さとりを求める本志をおろそかにして、精進努力の心を失うこと。

「退いて、屈む」と書けるくらいだし、私はそんな状態を感じたのだろう。

三省堂国語辞典 第七版』には、②の語釈と「〔ねむくなるほど〕つまらないようす。」としか載っていない。

これらの状態は、周りから見ている分にはどれも同じに見える。


それにしても明確な意味を説明できないのに、自分の感情として「退屈」という言葉が突然思い出されるのはいかがなものか。もしかすると、そんなことを感じる場所自体が混乱しているのかもしれない。

いずれにせよ、こんなときにはとりあえず嫌になるほど眠るに限る(苦笑)。やけになって大きな決断をしたりはしないことだ。

やはりiPadにキーボードは要らない

iPad用の外付けキーボードを検討

iPad用にキーボードを購入しようと考えていた。それで、候補を絞り込んで買ってみようとしたときに、気づいたことがある。それは、iOSの文字変換はどうやらMacOSのライブ変換とは違うものだということだ。

iOSの設定項目を見てみてもライブ変換の文字は見当たらないし、文字を入力したときの変換効率はライブ変換と全然違う。しかもネット上の画像を見てみると、変換候補をタップして選択する形で、Macのように使い勝手はよくはなさそう。

うーむ。これでは外付けキーボードを導入しても、結局Macで文字入力することになりそうである。

iPadOSにMacのライブ変換のような日本語入力システムが搭載されて、キーボードで変換候補の選択ができるようになるのを待つことにしようか。

iPadはノートPCの代わりではない

もともと私はiPadに何かの周辺機器をつけるのは反対なのに、どうして外付けのキーボードを利用することができるだろうか。

外付けキーボードが嫌なのは、iPadをノートPCに近づけようとしているところ。それがいいという人もいるみたいだが、私は嫌だ。そもそもiPadはPCではないし、同じにしてほしくはない。いい加減、既存のPCに近づけようとするのはやめて、タブレットの可能性を追求し続けてもらいたい。実際のところ、PCに似せないと売れないのかもしれないが、それでは一時期iPadをまったく新しいコンピュータと再定義していたことも嘘になる。ここにきてマウスが使えるようにするのも、新たなコンピュータをつくれなかったと告白しているようなものだろう。

まあ、一番よくないのはiPadをPCの代わりにしようとしているユーザーなのだが。

iPadを既存の概念で使おうとする人たち

だいたい、文章を打つときにソフトウェアキーボードが邪魔だから、キーボードを外付けにするっていう人がいるが、それならどうして ”タイプライターモード” のような、一行に集中して書くことができるエディタを愛用する人がいるのか。こんなのは使い方次第だし、慣れだと思う。文字を入力する分には、今入力している行だけが見えれば問題はない。全体を見渡すのなんて、すべてを入力してからでいい。

そんなのは今までの環境と違うことを受け入れられない人が言う意見で、その意見を聞き入れてiPadの売り上げを上げようとするのはいかがなものか。こんなことでは、iPadOSにも期待はできない。

キーボード一体型でノートPCより軽いものがほしいなら、SurfaceのようなPCを買えばいい。それが最良の選択だと思う。わざわざiPadを買ってきてキーボード一体型のケースをつけて、さらにペンが本体にくっつくからいいと言っているような人は一体何がしたいのだろう。

何もかもを望むと、いびつになる

そうした人は、ライトウェイトスポーツカーにハイパワーエンジンを載せようとするような人種の方々だろうか。軽さを正義としてつくられてバランスのとれたものに、重いものを取り付けてこれまでの努力すべてを台無しにしようとする。その人にはそれが最良と感じられるのだろうが、そんなことをした時点で本来の魅力は失われてしまう。困ったことに、その手の人は大多数で裕福なのである…。

そういった人こそ、ぜひともSurfaceを使っていただきたいと思う。それが幸せになるための最良の選択肢だ。もしくは、将来MacBookがもっと薄くて軽くなるはずだから、そのときまでおとなしくしていてもらいたい。

今回の結論

と言うことで、外付けキーボードの購入はやめにした。それよりも、iPadOSにライブ変換が搭載されることを強く望む。そうすれば、ソフトウェアキーボードの使い勝手がさらによくなる。現にMacの文字入力はライブ変換のおかげで非常に快適。変換候補を選ぶことはほぼ無い。

問題発見型と問題解決型

問題が起こる前提で何かを始めるのに向いているか、起きている問題を解決するのが向いているか。

私はたぶん、問題を解決するのに向いているし、実際のところ得意なほうだと思っている。

このタイプの人の困ったところは、問題が起きないと何もしないところ。さらに問題が起きないような仕組みをつくることを最優先しがちだから、どんどん何にもしなくなっていく。暇に耐えることができるので、たとえすることがなくなったとしても苦ではない。

逆に、何かを達成するためならどんな問題が起こっても気にしないタイプの人もいる。この手の人は退屈を嫌う傾向にあるので、起きていた問題がなくなって安定した状態が訪れると自ら問題を起こしたがる。いや、さらに高度な目標を掲げて前進しようとする。

どちらのタイプがいいわけでもないし、多くの人がどちらかに偏っていてお互いの性質を必要としているというのがホントのところだろう。2つのタイプが双方の弱点を補い合っているからこそ、様々な分野での進歩があるのだと思う。


この話とは別に、好き嫌いという要素もある。得意でも嫌いだったり、苦手なのに好きだったりするからややこしい。

例えば、問題解決が得意なのに嫌いな場合にはどうしたらいいのか。問題を解決するのをやめる、もしくは問題を解決するのが好きになるのどちらを選んだらいいのだろう。

「得意」と「好き」は人の中での担当が違うといわれている。「得意」は頭の担当で「好き」は心が担当というように。こうした葛藤がある場合、まずは頭のいうことを聞いて「得意」を続けることが多い。何日か何年かはわからないが、ある程度の期間嫌いな気持ちを抑えながら得意なことができるだろう。しかし、そのうち心の反撃を受けることになり、得意なことはできなくなっていくというのが通例だ。

じゃあ、どうしたらよかったのか。「得意」を「好き」に変えられないのなら、得意でない好きなことを得意にしていくほかはないだろう。そうしていく中で、好きなことが得意になるかもしれないし、「得意」だけど「嫌い」だったことがそれほど嫌いではなくなる可能性もある。確かなことは、得意なことを嫌いなままで我慢しながらやり続けるのはやめたほうがいいということだ。

嫌いだと口にしていた得意なことが嫌いでなくなるのは何となくかっこ悪いと思うかもしれないが、好きだと思っていたことでも実際にやってみると外から見ていたより好きではなくなることもある。一つのことの専門家になろうとしなくてもいい、心のまま好きなことに手を出してみると考えが変わることもあると思う。


話がそれてしまったが、問題の発見と解決の両方が得意という人はそれほどいない。周りにいる人たちによって自分の役割が変わることもあるだろう。

そんなふうに考えてみると、私が問題解決型だと思っていたのは間違いなのかもしれない。ただ、問題を見つけるのが得意な人が周りにいただけなのではないか。問題解決のスペシャリストのような人の近くへ行けば、私のほうが問題発見型になるという可能性もあるだろう。

これまでの環境でそういう特性を持っていたというだけで、自分の性質を見極めるというのは自分自身に対する偏見なのかもしれない。

自分が得意と思っていることが本当は嫌いなら、人間関係だけにとどまらない周りの環境をガラッと変えてみるのもいいだろう。そうすれば、自分でも気づかなかった新たな一面が顔を見せてくれるかもしれない、そう感じた。

「様」や「さん」で敬意を示す

「〜様」という言葉について、ふと思った。

日本語はいろんなものに「様」をつけることができる。「お客様」や「お得意様」にはじまり、「お父様」、「お友達様」などなど。「先生様」は変だし言い過ぎだと感じるけど、気持ちが伝わらないわけではないだろう。

逆にいくら丁寧な言葉を使っているつもりでも、「様」がないだけで失礼な感じになってしまうこともある。例えば、「お客のご注文は以上でよろしいでしょうか?」みたいに「お客様」が「お客」になっただけで、他の丁寧な言葉が打ち消されてしまう。

もしかすると、「様」さえつけていれば、それほど失礼にはならないということなのだろうか。

それが「お客様の注文はこれで終わり?」だったとしても、「様」がついているだけでだいぶ印象が違ってくる。

自分の側に「様」がついていれば、まずはOKなのだろう。

相手のことを気遣っているという言いかたもできるけど、それだけ自分を持ち上げて欲しいという気持ちが強いのではないだろうか。

そういった気持ちをうまく使えば、良好なコミュニケーションをとることができるかもしれない。

家族に話しかけるときでも名前を省略するのではなく、「◯◯さん、どっか行こう」というふうに「さん」付けにしてみるとか、年下の人と話すときに「さん」付けが難しいなら「お前さん」でもいい。これは結構、変に思われるかもしれないが。

とはいえ、人に話しかけるときに敬意を表す「様」、「さん」などを使っていれば、他の言葉が多少おかしくても悪く思われることはないと思う。

ケンカのときに使ってみるのも良さそうだ。「◯◯さんがそんなこと言うのが悪い」だけでも少しはマシで、「〇〇様が〜」とか「お前さんが〜」となると争うのが馬鹿らしくなってくるのではないだろうか。

そう考えると、これは無駄な戦いを防ぐための日本人の知恵なのだろう。狭いところに密集して暮らすために、周りの人に気を使うのは仕方がなかった。しかし、そんなことばかり考えてたら精神がまいってしまう。だから、ほどほどに気を使って相手にも悪い思いをさせないためにどうするかを経験的に身につけた。それが「様」や「さん」を使って敬意を示すことだったのかもしれない。

それにしても、どうして人の名前を呼び捨ててしまうのだろう。それはやはり、敬意を持っていないからというのもあるだろうし、呼び捨てをしているから敬意を感じなくなるということも考えられる。

もし人間関係に悩んでいる人がいたら、まずは余計なもめごとを呼び寄せないために、いつも「様」や「さん」などをつけることからはじめてみてはどうだろうか。