書いて浮かべるブログ

繊細でのんびり好きなおいさんのアタマノナカ

MacBookをmacOS Mojaveにアップデートしました

MacBook(Early 2015)をMojaveにアップデートしてみました。
ほとんど標準のアプリしか使っていないので、アプリの互換性についてはお伝えできませんが、同じような環境で、アップデートどうしようかな? と考えている方は参考にしてみてください。

Mojaveは速いかも?

今回のアップデートはハードウェア条件が変更になったからなのか、ずいぶん動きがキビキビしているように感じます。Metal対応グラフィックプロセッサ(GPU)の搭載が必須となったことから分かるように、Metalへの移行を進めたことが効いているのでしょう。とはいっても、画面エフェクトが高速化されているようですので、もしかしたら速くなったと感じているだけなのかもしれませんけどね。

ダークモードは結構好み

正直なところ、あんまり期待していなかったダークモードなのですが、純正機能としてサポートされるというのはありがたいなあと思います。ダークとはいっても、すべての背景が真っ黒になるわけではなく、例えばSafariの背景は白のままなので、サイトの閲覧をするときもこれまでとの差が少なく違和感もありません。
まあ、差が少ないんだったら前のままでもいいじゃん、と言われればそうかもしれませんが。

目に優しいのかはよくわかりませんが、普段から明るさを半分も上げない私としては暗めの色調で統一してもらえた方が好みではあります。

当然ながら標準アプリのダークモードへの対応は問題なく、日記などを書くのに使っているDAY ONEアプリにも問題はない。ちょっとした画像編集に使っているPixelmatorは、もともとダークな色合いだったこともあって変化はなさそうです。

iOSのスマート反転もこんな感じだったら大歓迎なんだけど。

ファイルを整理してくれる、らしい

デスクトップの散らかったファイルを整理してくれる機能が追加されました。
しかし、わたしのデスクトップには使っているファイルしか置いていないので、その真価は発揮されないかも(置いておくものがないとも言う)。もちろん機能をオフにできるので、散らかってる方が発想が広がるという方にも安心ですよ。

通知センターの計算機がクリアされた!

イヤだったのは私だけかもしれませんが、通知センターに表示している計算機の問題が修正されました。
おそらくSierraあたりをインストールしたときの計算結果がデフォルトになってしまっていて、何度ACを押しても変な数字になり、0にすることができなかったのですが、その問題が解決されました。新しさを追いかけるだけでなく、ちゃんと細かい問題も修正してもらっているのは嬉しいです。だれも望んでなかったでしょうけどね。

次回のハードウェア条件変更はいつ?

私のMacBookは2015年モデルなので発売されてから3年が経過しています。今のところMacBook Air、Proともに、Mid 2012までMojaveに対応しているので、あと3年くらいは最新のmacOSが利用できたらいいなあ。

最後に

Mojaveにアップデートしたら重くなって使えなくなっちゃうかも…。でも、そのときは仕方ないからEl Capitanに戻す(つい最近まで購入時のOSに戻せるって知らなかった)、もしくは速くなった12インチのMacBookを手に入れればいっか。とか思いながら、エイヤって感じにアップデートしてみたところ、逆に動作が軽くなってしまって驚いた、っていう状況。2015年のMacBookでも無事にMojaveは使えるということがわかりました。

ハードウェア条件などのアップデートの情報については、↓こちらを参照ください。
macOS - アップグレード方法 - Apple(日本)