書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

わかるとこから手をつける

どれから手を付けていいかわからないときは、
少しずつでいいから、できることから始めてみる。
クロスワードのマスを埋めていくように。

そうすると、だんだん全貌が見えてくる。

他の事柄がヒントになって、それまではどうしようもなかったことを解決するための糸口が見つかったりする。

もし、最終的に全てのマスが埋まらなかったとしても、
すでに答えは見つかっていたりするから、必ずしも全部を埋める必要はない。

そういえば、ずいぶん関わっていないテストなんかでもそう。
わかりそうな問題からやっていく。

やってみて、やっぱりわかりそうにないな、と感じたら他の問題へ。

ずっと同じ問題を考えていたら、タイムアップになってしまう。

学生の頃に知ってたはずなのに、忘れてたのか、ただ応用力がないだけなのか…。