読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

数学をするこころ

前に読んだ、清水健一さんの「詩で語る数論の世界」に「ひとつでは多すぎる」という言葉があった。

私たちは一つのことに一生懸命になればなるほど、気持ちがいっぱいになって、他のことが心の中に入ってきにくい、ということがあるようです。

数学に接するとき、論理を追いかけることや問題を解くことがすべてではなく、目の前に広がっている数学の世界の存在を知ってもらえたら、という気持ちで本書を書いています。

本を読んでいて、あることが理解できなかったりするとそのページに留まってしまうことがあるけど、そこに留まりすぎずに雰囲気を物語のように感じて楽しんでみたり。他のことに目を移したりしながら味わっていく読み方もあるのかなと(もしかしたら本の内容に誤りがあったりするかもしれないし)

意図することとは違うかもしれないけど、同じ分野について他の人が書いた本を読んでみたりしながら数学を楽しんでいけたらな〜、と思ったのでした。

※「詩で語る数論の世界 清水健一|プレアデス出版 」は現在絶版のため、図書館にて