書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

新しければいいのか

普段持っていて、よく使う、iPhoneApple WatchだけはAppleCareの契約をしている。

Watchについては、背面の塗装剥がれで相談したことがあり、交換することもできるという話だったが、正常範囲だと思えたので、そのまま使い続けている。

そう言えば、iPhone4Sのときにも、契約期間ギリギリでバッテリーの減りが早く感じ、エクスプレス交換サービスを利用できますよ、という話だったのだが、設定やアプリを見直したところ、改善した気がしたので、そのまま。
今も家用のApple Music端末として活躍している。

結局のところ、AppleCareには入っているけど、損をしているような気もする。
ただ、電話サポートは利用させてもらっているので、安心料といったところか。

そろそろ、Apple Watchの新型が…という話はなさそうなのだけど、契約しているAppleCareは、あとひと月足らずで期間終了。塗装剥がれで交換してもらえれば、バッテリーも新しくなってラッキー、と思いたいところなのだが、何となく、素直には喜べない。

何というか、一応これまでの二年間、ほぼ毎日着け続けてきたという「実績」のようなものを、ただ新品(とされている)というだけのモノと交換するということに、違和感のような、嫌な気持ちを感じるのだ。
これが、Apple製品の話でなければ、修理という選択肢もありえるのだけれども。

新しいということは、魅力的である。
でも、これまでの実績というものも捨てがたく、充分に魅力的だ。

こういう風に思うのも、歳のせいだったり、時代のせいなのかもしれないが。