書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

再び、電子書籍に思う

近頃、ちょくちょく欲しい本が出てきて嬉しいような困ったような…。

少し前にも書きましたが、

higeblo.hateblo.jp

紙の本って良いものだと思うんですが、どうもそれ自体を捨てるときに心理的な抵抗があって、なかなか捨てたり売ったりできないんですね。

だからといって買うのを控えて図書館を利用させてもらっても「これはいい本だ、買って読もう」となって(しかたなく?)買うことにしたりで少しずつ増えていく。ホント、電子書籍が紙の本並みに扱いやすくなるとラクなのにな〜と思います。

現状では、一回読んだだけではわからなくて何度も読み返したくなる本、辞書的な本は紙の本として手元に置いておく方がいいかなと思っていますが、もしかしたら慣れなのかもしれません。もっともっと電子書籍漬けの読書生活をしていたらあんまり気にならなくなるのかなぁ。

販売している側もそういった不満はわかってるようで、紙の本を買ってたら電子版が安くなるサービスをしたりしてなんとか普及させようとしてますね。

費用は嵩みますが、何度も見返す本については電子版も追加購入して使ってみて、紙の本を開く必要がなくなったら電子版のみにするって方法がいいのかな〜。ただ、こういった本、特に専門書は電子版が少ないんですよ…。