書いて浮かべるブログ

書いて浮かべるブログ

のんびり好きなおいさんのアタマノナカ

あるといいもの

久しぶりに棚から紙の国語辞典を取り出して思ったこと。

「ん? 最近使ってないし、手放していい頃かも」

普段は同じ国語辞典のアプリを使ってるので、内容としては役立っている。でも、紙の辞書自体を使っているわけではないのでキレイだし、ちょっとしたお小遣いになるような気もする。

こういうときに思わずページをめくってしまうとアウトだ。躊躇せずに素早く手放してしまう方がスッキリするだろう。


いつもの悪い癖だが、ここで中身を見始めるとしばらく手放すことはできなくなる。

「一覧性がよい」というらしいが、紙の辞書は他の項目まで目に入ってくる。だから、調べたかった言葉の他にも一つか二つ余計に調べてしまう。これはさすがにアプリでは得られない体験だ。

逆にいうと、ちょっと疑問に思って開くものではないということか。意味のわからない言葉だけを調べたいときには、アプリ版を使うべし。

こうして物は減らずにどんどん増えていくわけだ。別に嫌なわけではないが。


所詮はあったらいいものなので、処分はどうしてもしないといけないときでよい。

実際、本も音楽もない状態で暮らしていても、それらに飢えるほどではなかった。私にとってはそういうものだったのか、とそのとき初めて知った。

しかし、あるとないとでは大違い。私を豊かにしてくれるのには違いない。

「あるといいもの」というものは「なくてもいいもの」かもしれない。だからといって、「なくていいもの」ではないのである。