読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

文字フォントと手書き文字の記憶

10年くらい昔の旅日記のようなメモ書きノートがあったので、iPhoneで撮影してPDF化してみた。分量が少ないこともあり、パシャパシャ撮れてデータ化は簡単。これをクラウドにでも入れておけば手書きのノートは処分できるはず。

ただ、クラウドに入れたところで読み返すかはわからない。汚い文字の手書きだから検索もできないだろし。

そんなことを思いつつも、そのときの写真をDVDからピックアップしながら少し読み返してみると、その時の雰囲気が一気に蘇ってくる気がした。こういう経験をしてしまうと、もう今後は手書きのメモはやめにして、最初からデジタルで書く。という流れでホントにいいのかな? やっぱり何かが失われてるんじゃないかな? と思ったりもする。確かにすべてキレイなフォントの文字だと蘇ってくるものも違うかもしれない。自分の書いた字はもちろん、紙の色やサイズも記憶に影響してるんじゃないかな。

当面は、日記のような決まりきった書き物についてはデジタルで、旅行などのいつもと違う環境のときは紙に手書きのアナログで。という感じの使い分けを試してみようと思います。