書いて浮かべるブログ

のんびり好きなおいさんのアタマノナカ

歩く道

・今すでにある道じゃなくて、自分の道を歩くのもいい

よく言われることだと思うけど、僕らは何かを始めようとしたときにそれが職業につながらないとやる意味がない、と考えることが多い。でも当たり前だけど、そんなことはない。何かをするのに、それがお金にならないといけないとかやる気が起きないとかいうなら、そもそも始めることができない。

最初っからできることって、そのままではお金にならないことなんじゃないかな。赤ちゃんの笑顔が誰かの心を和ませるかもしれないけど、だからといって代わりにお金をもらうわけじゃないでしょ? だいたいお金って、感謝とかの気持ちを表すものだと思うから、いいねって言われるだけで十分だと思うし、何も言われなくても勝手にしてればいいと思う。

あれがないからできないとか、ああならないとダメとか、悪く言えば言い訳することってありがちなこと。資金やコネがないから商売ができないとか。難しいだろうけど、できないわけじゃないと思うし。それって、誰かの真似ができないから成功できないって言ってるのと同じでしょ。

2番目のドジョウを狙いたいならやればいいけど、自分のやり方でやりたいなら成功した人をそのまま真似るのはやめた方がいい。その人になりきって上手くいってもしんどくなりそうだし、第一面白くないでしょ。

何といっても自分には今できることしかできない。今できることをやってるうちに何とかなったらいいな、と思いながら続けていくことしかできない。それなら、今現在できることをしながら工夫しながらやってくしかないんじゃないかな。

そのやり方が上手く行きそうにないなら、別のルートを探すみたいに他の抜け道を見つけたり、場合によっては道を切り開きながら向かっていくしかない。案外それって楽しいような気がする。誰かが作った王道みたいなものが自分にとって歩きやすいとは限らないから。好きなように道を開拓しながら進んでいくのもいいと思う。

個人的に集団行動って嫌いなんだけど、その性質のせいで面倒なことになってしまうこともある。逆に、集団が好きなひとはみんなと同じが好きで安心するみたい。でも周りと違う部分も持ってるだろうから、両極端になるんじゃなくて、両方にフラフラ揺れてる状態でいいんだと思う。

結局目指すところに着きさえすれば、険しい道だって楽な道だって何だっていいでしょ? 空を飛んだり、潜ってみたり、ワープしたっていいし、一旦通り過ぎて大きな回り道をしたっていい。なのに、最短距離でゴールに行けるような方法ばかり教えたり、そうでない人を無能だと決めつけたりする。 他人に対して強制する必要はないけど、せめて自分にだけは、そんなのはやめにしようよ。