書いて浮かべるブログ

のんびりしたいおいさんのアタマノナカ

疲労してるときは暗くなります

どうやら、頭の中が疲労しているときには、考えることも暗くなってしまうようです。

考えることが暗くなると、気分も暗くなっていきます。

気分が暗くなってしまうと、ネガティブなぐるぐる思考が続けられるだけで、なかなか良いアイデアが浮かばなくなり、どうしようもなくなります。

ハッキリ言ってムダです。
ムダな時間が過ぎてしまいます。

こういうときは、とにかく休むのがいいです。
寝るなりなんなり、自らアタマを使う活動を阻止します。

ただし、回復したからといっても、すぐにまた考え始めようとしないように。
まだ、ネガティブなぐるぐる思考が近くに居るかもしれないから。

でも、たいていの場合は、疲れの取れた何気ないときに、自然と適切なアイデアが浮かびますから大丈夫。
自分から考えようとしなくても、たぶん、考えてくれているのでしょうね。